AppleWatchシアターモードの映画館以外の使い道

watch OS 3.2以降で搭載されたシアターモードですが、映画館用途じゃなくても意外と使える機能でした。

スポンサーリンク

アップルウォッチのシアターモード設定とは

シアターモード

シアターモードでは消音モードがオンになり、ボタンをタップするか押すまでは画面が暗いままになります。

情報源: Apple Watch でコントロールセンターを使う – Apple サポート

映画館以外でのシアターモードの使い方

  • 寝ている時に急に光らない

睡眠管理アプリで睡眠の質を計測したり、バイブで目覚ましをかけたりと、寝ている間もAppleWatchをつけている人は多いと思います。でもたまに睡眠が浅いときに動き、AppleWatchが光って目がやられる&眠気がぶっとんだことがあります。シアターモードにしておけば、そんなアクシデントも防ぐ事ができます。

  • 夜の運転中に気になったら

夜の運転中に、カーブなどでハンドルを切る時に光ることがあります。普段は全く気になりませんが、気になり出すと止まらないもの。そんな時にも活用できます。

  • 夜の活動中に気になったら

バー等の薄暗い店内で楽しくおしゃべり中に相手が動くたびにAppleWatchがちらちら光る…気になるったらありゃしません。相手へのマナーも込めてシアターモードにすることをオススメします。

  • 電力消費を抑えるために

これは気休め程度かもしれませんが、AppleWatchは動くたびに光ります。一瞬光ってすぐ消える姿をよく見ます。充電がなくなってきて消費電力を抑えたい時に設定すると、少しは安心材料になるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss