コキンちゃんの生い立ち。やっぱり食パンマン好きなの?

コキンちゃん

アンパンマンに出てくる、青くてカワイイコキンちゃん。アンパンマンは小さい頃はほとんどの人が通る道だと思いますが、自分が小さい頃にコキンちゃんっていたっけ?今では当たり前のようにいて、ぬいぐるみなどのグッズも多く売られています。その生い立ちを調べてみました。

コキンちゃんとは?いつからいたの?

2005年10月初版が発売された「アンパンマンとあおいなみだ」という絵本で初登場しています。2006年7月には同タイトル「それいけアンパンマン!コキンちゃんとあおいなみだ」で映画上映されています。割と最近のようです。どうりで自分は知らないわけだ…

そんなコキンちゃんの登場シーンはあおいたま。青い玉の中に入って、ばいきんぼしから遊びにきた…という流れで物語が始まります。それにしても絵本だと「ばいきんぼし」と書かれてますが、アニメだと「バイキンせい」なんですね。

テーマは「なみだ」

泣く

TaniaVdB / Pixabay

やなせたかし氏は、絵本毎にテーマを考え、それに沿ったストーリーを考案しているようです。巻末のあとがきには、なみだに関するコメントが記載されています。作中でもコキンちゃんはよく泣き、「あおいなみだ」を流します。その涙に影響され、周りのキャラの感情が揺さぶられています。いろいろな感情で出る涙を、作者はきっと表現したかったんだと思います。

必殺技とその性格

アンパンマンは「アンパンチ」、メロンパンナちゃんは「メロメロパンチ」といったように、作中のキャラは必殺技を持っています。コキンちゃんの必殺技は、絵本のテーマ通り「青い涙」です。人を悲しくさせる効果を持ち、ドクター・ヒヤリとバイキンマンは、この涙を利用して悪だくみをしています。しかもこの涙を使って一度アンパンマンに勝っているという威力!まぁ、定番として当然再戦時にはアンパンマンが勝つんですけどね。

涙が武器という女の利点を自分で知っているようで、どうも小悪魔的なキャラのようです。実際ドキンちゃんから「嘘泣きコキンちゃん」としれっと言われています。涙を自在に使われると、男は弱いっすねー。

ドキンちゃんとの関係って?

ドキンちゃん

絵本では妹という扱いになっています。コキンちゃん自身も「ドキンおねえちゃん」と呼んでいますし、バイキンマンに「私の妹よ」と紹介しています。「ウソなきコキンちゃん」とも紹介してますが!

ですがなぜか公式では「妹分」という関係だと断言しています。分!妹じゃないのか!

kokinchanrelation

出展:アンパンマン公式ポータルサイト

また、コキンちゃんが乗っているUFOはもともとはドキンちゃんのもの。ドキンちゃんから借りて乗り回していた際に泣きまくり、青い涙で染まってドキンちゃんいらない→コキンちゃんにあげる。といった流れ。

…でもそれは絵本の話で、やはりアニメと設定が違っています。アニメ版は、公式サイトによるとバイキンマンからプレゼントされたそうです。しかも名前が「ブルーティアーズ号」!バイキンマン無駄にロマンティストだ。

やっぱり食パンマンが好きなの?

しょくぱんまん

ピンチの時にしょくぱんまんに救ってもらって以来お気に入り。つまりはドキンちゃんのライバル。絵本の中でも、食パンマン様と仲良くしたのは許せない→出ていけ!と言われていました。なんだかんだしょくぱんまんてモテモテっすねー。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*