macのターミナルからアプリケーションを起動や終了をする方法

Macでバッチファイル作っていて、アプリケーションを起動させたく方法を調べてみました。

スポンサーリンク

macのバッチファイルはcommandファイル

プログラム

windowsで言うと、各種操作の自動化はbatファイルでゴリゴリ書いて実行しますが、macではcommandファイルでゴリゴリします。

結局はターミナルで実行させるコマンドを記入するわけですが、そういえばアプリってどうやって起動するのか。普通にXXXX.appを叩いてもダメでした…

起動は「open」コマンド!

openコマンドはファイルやディレクトリを開くコマンドです。そこに引数「-a」を指定すれば指定のアプリケーションが開きます

open -a ApplicationName

アプリケーションフォルダであればパスは通っているようで、ディレクトリ移動は不要のようです。ベタ打てば即実行してくれます。

openコマンドの詳細は、以下のmac wikiに記載されていますので他に何か開きたいことでお困りであれば。

http://macwiki.osdn.jp/wiki/index.php/コマンド/open

終了は「kill」コマンド!

さて、終了側はどうかと言うと、「kill」コマンドです。ただ、先ほどの起動とは異なり、「kill アプリケーション名」としても終了することはできません。終了対象のアプリケーションは「PID(ProcessID)」を使用します。

kill ProcessID
これで一発終了できます。ただ、目的のアプリケーションのプロセスIDってどうやって調べたらええねん!ってなりますよね。

PID(ProcessID)は「top」コマンド!

現在起動中のプロセスは「top」コマンドで調査できます。

top
ターミナルで叩くと、ドバーッと現在実行中のプロセスが表示されます。その中から目的のアプリケーションのPID(左端)を探してください。
topコマンドの終了はキーボードの「q」を押下してください。終わります。

まとめ

commandファイルでの自動実行便利ですね!macは色々とやりたいことを実現する敷居が低いので好きです。これで起動と終了は自由自在っす。