Foursquareチェックイン履歴をiPhone標準カレンダーに登録する

swarmチェックインiPhone
スポンサーリンク

Foursquareのチェックインはカレンダーに取り込んで表示させていることができました。あー便利だなーと思いながらも日々を過ごしていましたが、気付いたら反映されなくなっていました。とても残念。これまでの履歴の取り込み方や、今後のカレンダーへの反映させ方をまとめてみました。

スポンサーリンク

Foursquare/Swarmとは

Swarm | すべての場所を忘れずに。
Swarm は、出かけたスポットに基づいて賞を獲得したり、友達と競い合ったりできます。

訪れた場所にチェックインすることで、いつどんな場所に行ったのかを保存できるライフログツールのひとつです。

思い出を手軽に残せるので私は昔から使っています。iCAL形式でカレンダーに取り込むことができていたのでカレンダー開けばどこに行っていたのかわかってとても便利でした。ただ今は無き機能です。

この機能を復活すべく頑張る回です。

iPhoneやmacのAPPLE標準カレンダーに反映させたい

色々と調べてみた感じ、Googleカレンダーにエクセルを使って反映させる方法はあったんですがGoogleって正直いつサービス停止するかわかんない問題があって怖いですよね。最近でもGoogleフォト無制限が無慈悲に撤廃されましたし。なので目的はAPPLE製の標準カレンダーアプリに反映する方法です。

mac使ってるので使用するアプリもエクセルでなくNumbersです。

対策は2部構成、「過去履歴をカレンダーに取り込む」「チェックインをカレンダーイベントに反映させる」です。

Swarmの過去のチェックイン履歴をiCalカレンダーで取り込む

色々と調べてはみましたが、直接標準カレンダーに取り込むのではなく、Googleカレンダー経由で取り込むのが楽そうです。

手順1:チェックイン履歴をNumbersで加工する

APIかなんかあるかなーと思っていたところ、Foursquareから取り込むべく履歴リストをリクエストできるようです。

Swarm(旧Foursquare)のチェックイン過去履歴をGoogleカレンダーに一括登録する方法(前編)
情報管理LOGの@yoshinonです。先日来より懸案事項だったSwarmのチェックイン履歴がGoogleカレンダーに反映されなくなった問題ですが、その完結編になります。前回の記事から時間的に空いてしまったのは、非常に手こずっていたからです。うむむ。というわけで、この記事は前後編になります。とにかく大変だったので、その...

内容はここに書いてございまいますのでこちらをご参照ください。いやーありがたい。はっきり言ってここでほぼ全て賄えます。

Numbersでやった場合は、上記サイトに書いてあるURLとチェックイン名が分離できていない問題はなく、すんなりと読み込むことができました。

ただやはりunixtime問題は残っており、これはサイト記載の数式そのものでダメでした。

手順2:macのnumbersでunixtimeの日付と時間を変換する

Formula for converting a unix timestamp t… - Apple Community

ここにスレッドありました。みんなが悩むunixtime。ここに答えがありました。

ただここでも発生する時差問題。ディスカッションは日本では起こってはおらず、現場で起こってるわけです。なので時差補正も入れて、以下の式で時間換算することができます。

=DATE(1970,1,1)+(対象セル)/86400 + 0.375

手順3:Googleカレンダーにcsvを取り込み、カレンダーに反映させる

GoogleカレンダーにCSVファイルから予定をインポートする方法
GoogleカレンダーはCSVファイルを使って一括して予定をインポートすることができます。ポイントとなるのはCSVファイルの作り方。 次の項目が設定できます。

取り込む際、各項目は上記に詳細があります。自分は以下設定で取り込みました。

Subject:カレンダー予定タイトル。Venueの名前を入れました。
Start Date:チェックインした日
Start Time:チェックインした時間
Description:チェックインのURL

取り込む際、データがあまりに多いと読み込みエラーになるみたいです。めんどくさいですが自分は1000個単位に小分けにして読み込みました。

手順4:GoogleカレンダーからiCal形式で出力し、カレンダーを取り込む

で、データをそのままGoogleさんに預けておくのは怖いので、Appleのエコシステムに移行します。その際、iCal形式で出力します。

[Google カレンダー]から[iCal]形式ファイルをエクスポートする|書かないと忘れてしまうから
【書かないと忘れてしまうから】仕事上必要な工夫など、備忘録として残します。から形式ファイルをエクスポートする

こちらをご参考に。あとはカレンダーを開いてiCalファイルを読み込めばめでたく標準カレンダーへの取り込み完了です!

Swarmのチェックイン履歴を標準カレンダーに反映させる

さて、過去は過去。今後のチェックインも当然同期されないので寂しいです。で、毎回上記のアクションは正直めんどくさい。

ここはもう、定番中の定番IFTTTを使います。

IFTTT checkin

もうこんだけ。標準カレンダーに対応してるのでチェックインすれば勝手にカレンダーイベント作ってくれてチェックイン履歴を残すことができます。

まとめ

気付いたら2019年から止まっていたようで…全自動だと、エラーが起こったときに全く気づけない問題がありますね。ともあれ、ネットの叡智を集めたら、無事にチェックイン履歴をカレンダーに反映させることができるようになりましたという回でした。

それにしてもAPPLEの標準アプリって「カレンダー」とか「写真」とか汎用の言葉が多くて検索しにくいんですよね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました