イグノーベル賞受賞!象の表面積を求めるシュリクマー関数って何?

象調べてみた
スポンサーリンク

世界中にはいろんなことを研究している人がいて、いろんな悩みがあるんだなぁと。そんなイグノーベル賞を受賞したシュリクマー関数の研究についてです。

スポンサーリンク

シュリクマー関数とは

象

インドゾウ - Wikipedia

インド象のwikiに普通に載っているシュリクマー関数。インド象の体の表面積を求めるための公式です。

普通にkeisanサイトにも載っていて、象の肩までの高さと、象の前足までの周の長さを入力すると表面積が求められるお手軽な計算式です。象の前足付近で測定が完遂できて利便性にも優れてますね。

403 Forbidden

どんなことに使われているか

疑問

インド象は、農民と共に働いてくれる動物として重宝されています。そのインド象の薬の投与量を決めるのに表面積を用いる様です。

林業で人と共に働く象

アジアゾウが丸太を運ぶ!ミャンマーの伝統的な林業が示す持続可能性
アジアゾウが丸太を運ぶ!ミャンマーの伝統的な林業が示す持続可能性

ミャンマーではまだ林業で象と共生している様です。インドなどでは重機による林業に置き換わっているみたいですが、ミャンマーでは伝統的な林業がまだ続いておりかつ環境にもやさしいみたいです。ちなににインド象=アジア象みたいです。知らなかった。

なぜ体重でないのか

Estimation of body weight in Indian elephants (Elephas maximus indicus) - PubMed
Thirty-nine adult Indian elephants (Elephas maximus indicus) of both sexes and various ages and weights, belonging to the Forest Department of the Government of...

体重も実は割と正確に出せるみたい。論文が出ていました。実際の投薬量の算出についてはググってもあまり出てこなかったので、どのように投薬量を決めているか不明でした。人間なんかだと体重を基準に投薬量が処方されるので…なぜ体重で投与量を決めないんでしょうか。

イグノーベル賞を受賞

2002年 mathematics賞を受賞しています。数学賞なんですね。

Past Ig Winners
Ig® Nobel Prize Winners For achievements that first make people LAUGH then make them THINK Winners by year: 2023 : 2022 : 2021 2020 : 2019 : 2018 : 2017 : 2016 ...

元となる論文は以下にありました。

http://www.ildidu.altervista.org/ignobel/immagini/elephant.pdf

とここで前述の「なぜ体重で投与量を決めないのか」の疑問の解決の糸口が!

薬の投与量って実は体表面積から出している

論文のアブストを見ると、「体表面積を求めるのに、他の動物と同様の体重との同等の制度は得られなかった」とあります。ん?と思い、人間の投与についても調べてみるとなんと薬によっては体重ではなく、体表面積から投与量を決めているものもある様です。

体表面積で投与量を決める薬 | くすりの勉強 -薬剤師のブログ-
体表面積の計算方法 薬の投与量を決めるときに、体の大きさで投与量を変える必要性のある薬もある。子供に薬を飲ませ

上記サイトによると

薬剤の吸収・代謝・排泄に大きく影響する、循環血液量、糸球体濾過率、基礎代謝などの生理諸機能は体表面積と相関するといわれています。

とあり、生物の生理現象は体表面積との相関が強いようで、そのため表面積を求め投薬量を決めるのが適切な量を選択するのに必要な様です。

まとめ

象の表面積を求めるなんてなんでそんなことを…と思いましたが、全生物共通の薬の投与量を求める重大な式であることがわかりました。イグノーベル賞はどちらかというと実用性というより面白みで選ばれる賞と勝手に思ってましたが、こんな実用的な研究もイグノーベル賞の対象なんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました