Revive Old PostsでTwitter認証する方法。コールバック設定必須です。

ブログ書いてて、過去記事ってどんどん埋もれていきます。とはいえ必死で書いた記事ですから、誰かの目に触れて欲しいもの。そんな時にRevive Old Postがあれば過去記事も日の目を見ることができます。

スポンサーリンク

WordPressプラグイン「Revive Old Posts」

要約

Pexels / Pixabay

このプラグインを使えば過去記事も定期的にツイートしてくれて、誰かの目に止まってくれるかもしれません。これは早速導入せねばと…プラグインをインストール!

インストール方法は特筆すべきものはないので割愛します。普通にダッシュボードから「Revive Old Posts」で検索してインストール、有効化してください。

レッツTwitter認証

Revive Old Posts設定画面を立ち上げて、トップページからTwitterの認証をします。

ReviveOldPosts画面

「add account」→「twitter」ボタンを押下。すると「Twitter Service Credentials」のポップアップが出ます。

Twitter情報入力画面

ここに「Consumer Key」「Consumer Secret」を入力します。この2値は、TwitterのApplication Managementサイトから取得してください。

Application registration & configuration for developers using the Twitter REST & Streaming APIs.

だが「Error connecting twitter」

入力は2つだけのはずなのに、なぜかエラーが!2つしかないのに何が足りない!?

Twitter認証エラー

エラー内容見るとcodeは417。415だった時もあったような。なるほどわからん。

だけどよくみると「Desktop applications only support the oauth_callback value」がうんたらとか。コールバックの設定が必要なのか?

Twitter認証には「Callback URLs」設定が必須

結論からすると、コールバック設定必須でした。手順は以下。

手順1:Application Management にログイン

事前に「Consumer Key」と「Consumer Secret」を取得したアカウントでログインしてください。

Application registration & configuration for developers using the Twitter REST & Streaming APIs.

手順2:Twitter APPsから、該当のアプリケーションを選択

Twitterアプリケーションが複数ある場合は、今回登録したいアプリケーションを選択してください。

手順3:コールバックを設定

アプリケーション画面の中ほどにある、「Settingsタブ」を選択してください。

コールバック設定タブ

中ほどから少し下にある、「Callback URLs」にアドレスを登録してください。

call back url 入力画面

登録するアドレスは「Revive Old Posts」の設定画面のアドレスです。

ReviveOldPosts画面

この画面のアドレスをコピペすればOK!

まとめ

検索してみても、Revive Old Postsの設定方法は古いものばかりで、結構悩んでしまいました。どうせポップアップだすならコメントでも書いておいて欲しいなぁなんて。でもまぁこれから設定する方の助けになれば幸いです。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss